川端奥

久しぶりに川端の奥に入ると随分変わってました。

トレースはGPSロガーでとった入山記録を白地図に落としていますが、
ロガーを持たずに入山することも多いので実際にはもっと密に歩いています。

鳥瞰図/カシミール3D

昭和3年の地図(昭和9年鉄道補入)にはベタノ谷から川端に抜ける峠道が載っています。
折野や菖蒲谷から板東は卯辰越、川端はこちらの峠を通っていたのでしょう。
414.3の点名は藍染山ですが板野郡誌には「奥砥山」という414.3米の山が川端の北方にあると載っています。点名=山名? 昔、川端で何と呼んでいたのか興味があります。
後日、奥戸川を詰め峠をチェックしましたが上部は断片的に道が残っている程度でした。帰りは藍染山から南に尾根を下りてみました。鳥瞰図/カシミール3D