宿毛谷→海見峠(古道)

 北灘の宿毛谷から海見峠は明治29年(1896年)の地図にも載っている古い道です。7年ほど前に上から降りようとしましたが籔で諦めました。今回は宿毛谷から道を確認しながらゆっくり峠を目指しました。はっきりした山道ですが途中猛烈なシダのブッシュがあります。

 この道は昭和43・44年頃に鳴門岳友会が籔化した道を整備し、数年の間一般募集をして歩いていたようです。(下山後、鳴岳OBのA氏にTELで確認しました。感謝!)当時設置された道標が半世紀近く経った今も残っています。

宿毛谷鳥瞰図カシバード/カシミール3D0221s地形図明治地図明治29年の測図

峠道は独標361の東を巻いて西谷へ続いています。
海見峠があったとすれば361の東のコルではと想像しています。

断面0221コースの断面図/カシミール3D神社宿毛谷・伊宇賀神社宿毛谷分岐1分岐・直進は破線の尾根道、右にとり尾根と谷を跨ぎ
もう一つ西の尾根に取り付きます。道標宿毛谷落ち葉の中で鳴岳の道標を見つけました。
朽ちていますが文字ははっきり読めます。海2淡路方向木馬道立派な道(木馬道)海見峠海見峠にある鳴岳の道標